×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



年号

西暦

主な出来事

天保6 1835 坂本龍馬、土佐藩郷士の次男として誕生(11月15日)
嘉永6 1853 坂本龍馬(19)、剣術修業のため江戸・千葉道場へ入門
米国艦隊4隻を率い、ペリー浦賀へ来航
ロシア艦隊、プチャーチン長崎に来航
安政元 1854 ペリー軍艦7隻を率い再来
日米和親条約を結び、下田・函館を開港
日英和親条約、長崎・函館を開港
坂本龍馬(20)、帰郷の際、河田小龍に出会う
日露和親条約、下田・函館・長崎を開港
安政2 1855 幕府、長崎海軍伝習所を開設
安政の大地震
安政3 1856 武市半平太、江戸遊学、桃井道場・士学館に入門
安政4 1857 老中安部正弘死去
安政5 1858 井伊直弼大老に就任
ハリスと日米通商修好条約を締結
将軍家定死去
安政の大獄始まる
家茂将軍に就任
安政6 1859 神奈川・長崎・函館を開き、英仏蘭米露に貿易を許可
万延元 1860 咸臨丸、条約批准交換のため米国へ出航
桜田門外の変(大老井伊直弼暗殺される)
米国公使官通訳ヒュースケン、薩摩藩士に殺害される
文久元 1861 水戸浪士、東禅寺(仮英公使館)を襲う
武市半平太(瑞山)、土佐勤王党を結成
坂本龍馬(27)、土佐勤王党に加盟
文久2 1862 坂本龍馬(28)、長州萩に久坂玄瑞を訪ねる
坂下門外の変(水戸浪士、老中安藤信正を襲う)
将軍家茂と和宮の婚儀行なわれる
土佐藩・吉村寅太郎脱藩
坂本龍馬(28)脱藩
土佐藩、吉田東洋暗殺される
寺田屋騒動(島津久光、有馬新七らを惨殺)
幕府、貿易視察使を上海に派遣(五代才助、高杉晋作らも随行)
島津久光、幕政改革を要請
生麦事件
京都守護職に松平容保任命さる
幕府、榎本武揚らをオランダへ留学派遣
坂本龍馬(29)、勝海舟に入門
江戸品川イギリス公使館、高杉晋作らに焼き討ちされる
文久3 1863 清河八郎、浪士組を結成、上洛
将軍家茂上洛、賀茂社攘夷祈願行幸に同行
勝海舟、神戸海軍操練所設立へ
長州藩、下関で外国船(米仏蘭)を砲撃
高杉晋作、奇兵隊を編成
薩英戦争
8月18日の政変、七卿落ち
天誅組の乱(吉村寅太郎ら)
生野の乱(平野國臣)
武市瑞山投獄される
坂本龍馬(29)、神戸海軍塾(勝の私塾)塾頭に
文久4
元治元
1864 天狗党の乱(水戸藩、藤田小四郎・武田耕雲斎ら挙兵)
池田屋事件(吉田稔麿、宮部鼎蔵ら新選組に襲われる)
禁門の変
第一次長州征伐
四国連合艦隊(英米仏蘭)、下関を砲撃し上陸、砲台を占拠
坂本龍馬(30)、勝海舟の紹介で西郷隆盛と面会
神戸海軍操練所廃止に
高杉晋作、功山寺に決起
元治2
慶応元
1865 武市瑞山切腹
坂本龍馬(31)、長崎で亀山社中を結成
慶応2 1866 薩長同盟成立
坂本龍馬(32)、寺田屋遭難
坂本龍馬、お龍と新婚旅行で霧島へ
第二次長州征伐(幕府・長州藩周防大島を砲撃、四境戦争勃発)
坂本龍馬、下関海戦に参加
将軍家茂、大阪城にて死去
慶喜、第15代将軍に就任
孝明天皇逝去
慶応3 1867 坂本龍馬(33)、亀山社中を再編し海援隊設立
いろは丸事件
坂本龍馬、船中八策起草
中岡慎太郎、陸援隊結成
ええじゃないか乱舞が全国で流行
大政奉還
坂本龍馬、中岡慎太郎、京で暗殺される
王政復古の大号令
慶応4
明治元
1868 鳥羽伏見の戦(戊辰戦争はじまる)
江戸無血開城
海援隊解散
榎本武揚、箱館五稜郭に入城
明治2 1869 箱館戦争終結し、戊辰戦争終わる




BACK